ケリー伊藤が指導するインターネット上の英語学習
あなたの英語のどこが違うかを答えてくれるのがPecsの通信添削コースです。
Home ヘッドマスターのご挨拶 PlainEnglishとは BinaryMethodとは PlainEnglish10rules What'sNew English

単語毎週テストコース
最初のコースの申しこみ時に登録料がかかります。すでにご入会されている方は登録料(2,100円)は不要です。
お振込み手数料は受講者負担となります。
コース一覧
+単語毎週テストコース
PE Lite 基本動詞編コース
基本文法 コース
Listening コースの特徴
ロジック転換コースの特徴
Reading コース
E-mail ライティングコース
エッセイ・ライティング特別コース
お申し込み
体験者の声
FAQトラブルシューティング
教材のダウンロード
KEL通学コース
  • アメリカで現在実際に使われる語を出題します。全単語がプレイン・イングリッシュに必要な単語なので、実際に使われていない無駄な語を覚えなくてもすみます。辞書にはあっても使われないような余計な単語は覚える必要はありません。
  • 「単語どんどん毎週テストコース」では、これだけを覚えていれば OK という例文を出題していきます。
  • 例文で覚えるので、覚えやすく、覚えた語が実際に使えるようになります。
    実際に使われる頻度の高い単語から出題します。
  • 毎週4〜6の問題が出題されます。回答して Pecs へ送ってください。
    あなたの回答を添削してお送りします。
  • 今週の単語の中で発音が分かりにくい単語の発音を聴くことが出来ます。
    ★印のある単語を聴いてみてください。
    発音が分からなかったのでは知っている単語でも聴き取ることは出来ません。また、実際に会話に使うことは出来ません。
    この「単語どんどん毎週テストコース」では、単語を覚えるだけではなく、正しい発音が身につきます。
料金について 初回登録料2,100円(消費税込み)
24週コースを受講後、後半の24週を追加される場合、最初の24週コースと同じ料金 29,400円になり、合計 58,800円となります。最初から48週コースを申し込まれると、52,500円となります。(料金には消費税が含まれています)
コース概要
内容−穴埋め、日英、英日問題、自習テスト Point lesson テスト
24週 (1000語) 毎週約40語
24週 (1000語) 毎週約40語
レッスン・イメージ
1週間に1回のペースで、以下のような構成の単語が出題されます。
穴埋め問題、日英、英日の形で英文を学習しながら単語を覚えていきます。
1-4page-穴埋め問題
5page-日英問題
穴埋め問題を解きながら単語をあなたのものにしてみましょう。あなたならば空欄にどんな単語を入れて文章を完成させますか? クイズを解くように気軽にやってみましょう。
18問から20数問の穴埋め問題が出題されます。この問題を解いていくうちに単語の使い方もなんとなく身に付きます。
  • 例1 私は虫が嫌いだ。
    I □ bugs. : 正解は "hate"です。
  • 例2 たばこを吸っていいですか?
    Do you □ if I smoke? : 正解は "mind"です。
5問から10問の日本語文が出題されます。英語にしてみましょう。
解答の文を丸ごと覚えてしまえば、単語も自然に覚えて自分で使えるようになります。
  • 例1 聞いてもいい?
    : 正解は "Can I ask you a question?"です。
  • 例2 悪い知らせがあります。
     : 正解は "I have some bad news for you."です。
  • 例3 私は間違いをした。
     : 正解は "I made a big mistake."です。
6page-英日問題
7page-英日問題
5問から10問の英文が出題されます。まず、日本語にしてみましょう。
問題の英文を丸ごと覚えてしまえば、単語も自然に覚えて自分で使えるようになります。
  • 例1 Practice makes perfect.
    : 正解は " 習うより慣れろ"です。

  • 例2 This program is garbage.
    : 正解は "この番組は最悪だ"です。
このページでは名詞・形容詞を学習します。
前ページに出てきた語の名詞形や形容詞形を特に出題しています。
名詞は複数形で使われるものには特に注意してください。
  • 次の英文を日本語にしてみましょう。
    I have a driving permit.
8page-日英問題 9page-副詞句
自習用テストです。
いままで覚えてきた単語をさらにもう一度復習してみましょう。
  • 次の日本文を英語にしてください。
    彼はいい医者なことは確かだ。
1〜3週は各15〜17問副詞句を学習していきます。
副詞句は知っているものも多いと思いますが、うろ覚えだったりすることがあるのでここで確認していきましょう。
空欄に入力してから、このページをプリントアウトすることが出来ます。
次のページには正解があるので、ご自分の答の間違ったところに赤ペンで印をつけてみましょう。
10page-ワンポイントレッスン
11page-テスト
このページでは間違えやすい単語や語句、表現など辞書では分からないことなどをワンポイント、ケリー伊藤が皆さんに毎週、講義をしていきます。
意外にうろ覚えで使ったりしているので、ここできちんと覚えてしまいましょう。
  • 例1"success" と "succeed"
    解説: 今週は名詞形で "success" が出てきましたね。
    動詞は "succeed" と覚えている方もいらっしゃると思いますが、"succeed" は「成功する」という意味で用いることはあまりなく、他動詞として、「〜のあとを引き継ぐ」という意味で用います。
毎週これらの単語を覚えたかどうかを確認するマスターテストを行います。
最初、自習問題をしてから、テストに入りましょう。
テストは答を記入後、送信していただき、4〜7日後に採点、学習法へのアドバイスをつけてお返しします。

自習テストの前ページには次のような『今週の単語表』がついています。プリント・アウトしてご自分だけの単語帳を作ってください。
通勤、通学の時に持ち歩いていつも復習するとグーンと単語力が UP します!!

  • Word1:
    目的 purpose
    →今回のご訪問の目的はなんですか? What's the purpose of your visit?
  • Word2:
    驚く・〜に驚く be surprised
    →知らせを聞いて驚いた。 I was surprised to hear the news.
  • Word3:
    患っている suffer from
    →彼女は喘息を患っている。 She suffers from asthma.
  • Word4:
    臭いがする smell
    →ひどい臭いだ。 That smells so bad.
  • Word5:
    グループに分ける group
    →先生は生徒を5つのグループに分けた。 The teacher grouped the student into five.
  • Word6:
    成功 success
    →彼は大成功した人だ。 He is a big success.
  • Word7... ・・・ ・・・ ・・・・・・・ ・・・・・・・・
  • Word38:
    驚かせること surprise
    →驚かせることがあるんだよ。 I have a big surprise for you.
Q&A
ケリー先生、Pecs の本コースは対象が TOEIC 600点以上あるかたを対象ということですが、私などのような現在 TOEIC が600点以下の生徒はどんな学習をしたらよいのですか?私は1000語も覚えられないと思うのですが。
TOEIC 600点までぐらいの方はスポーツでいう基礎体力、建築でいうと土台のついていない方です。基礎体力、土台に当たるのが1.単語力(動詞も含む)、2.文法です。

まず、手始めに学習するのは単語ですか?

そうです。最初は、単語からです。英語力のない人を教えてまず感じるのは単語力のなさです。
よく、「私は単語は問題ないけれど、聴き取りができない。」、「相手の言うことが分からない。」という声をききますが、外国語として英語をやる場合は、知らない単語を聴き取ることは不可能です。ですから、ある程度の単語力をまずつけることをお勧めします。
TOEICのテストで600点をクリアーしたい人は、いくつぐらいの単語を覚えればよいのですか?
基本的な単語は1000語と考えてください。
基本動詞も単語のうちですが、詳しくは基本動詞編の説明をみてください。
なぜ、1000語なのですか?
米国の4〜5歳の子供の語彙数は300語から400語と言われています。その語数でも親に口答えが出来るのです。
つまり、コミュニケーションが出来るということです。それに、大人が必要な語を加えると1000語程度です。
TOEIC の点数を上げたい一心で難しい単語に取り組んでは挫折をしてきましたが、難しい単語はこの段階では必要ないということですか?
この段階ではいわゆる Big words は必要ありません。
基礎単語をしっかり覚えないでして、難しい語を覚えてみようとしても、基礎体力がないのに、高度の競技を行うのと同じことで、効果は上がりません。
基礎の1000語とはどのような語ですか?
アメリカの小学校で2年から学習する語を中心に選びました。実際に今の米国で使われている単語でなければ、覚えても無駄になります。
TOEIC の英語は今の米国で使われている英語です。日本の大学の受験用の単語をいくら覚えても TOEIC の点が上がることにはなりません。
私は1000語も覚えられないと思うのですが。
確かに、暗記の力というのは個人差がありますね。
この「単語どんどん毎週テストコース」では自分のペースの合わせて、単語数を選ぶことができます。特に1000語のレベルでは確実に覚えるということが大切ですから、無理をせず生活に合わせて選んでください。逆に1000語が終わった人はどんどん2000語、3000語に進めるようになっています。
実際の受講はどのように行いますか?
コースにより期間の長さが異なりますが、どのコースも毎週約40語の単語が出題されます。これを指示に従い、学習してください。
そして、毎週これらの単語を覚えたかどうかを確認するマスターテストを行います。
テストは答を記入後、送信していただき、4〜7日後に採点、学習法へのアドバイスをつけてお返しします。
テストにより、覚えているかを確認するのですね。
そうです。Pecs がペースメーカーとして、毎週覚えた単語を確認していきます。
一人ではなかなか単語の暗記を続けるのは困難な方でも、この「単語どんどん毎週テストコース」では続けることができます。
単語についての質問もケリー先生にうかがえるのでしょうか?
Yes. 講座に関連している内容ならば、メールで質問できます。
最後のもうひとつ、私には中学生の姪がいますが、この「単語どんどん毎週テストコース」を勧めてみたいと思うのですが、中学生には適していますか?
最初に申し上げたように、英語の基礎となる語をまず、1000語から2000語選びましたので、中学生には是非勧めてください。コンピューターの操作にもなれるので、いいと思いますよ。
では、テストの後の解説でお目にかかりましょう。